出席したら負けかなと思っている

意識低い大学生のブログです

マルクス主義は無視できない

 私はマルクス主義も、その理論を支える弁証法にも詳しい知識を持ち合わせているわけではなく、高校倫理の参考書程度の知識しかないが、倫理の教科書を読む限り、マルクス主義の意義はいまだに存在するのではないかと思うようになった。

 

マルクス主義の特徴の一つである唯物史観弁証法を論理的基礎においている。

 ・弁証法とは矛盾を「止揚」することで、矛盾のないより高次の存在に引き上げる方法である。

唯物史観とは、各時代の矛盾(階級闘争)を弁証法的に解消していくことで社会、歴史は進んでいく、という考え方である。

・資本主義は、その抱える矛盾(資本家VS労働者)が引き起こす階級闘争により、いずれ終焉をむかえ、より高次の社会である共産主義社会主義に発展していく

 

 というのが、マルクス主義弁証法に対する私の理解である。本来もっと勉強しなければならないのだが、ご容赦願いたい。

 

 ここで、資本主義の性質とその歴史を見てみる。

 

・資本主義は、利潤を追い求める個人、団体の経済活動を原動力としている

・利潤を得るとは、その多くは「差」を利用してマージンを得ることである。A地点で安く買った商品を輸送してB地点で高く売る(A地点とB地点の価格差)。A国で安く確保した労働力で作った安い商品をB国で高く売る(A地点とB地点の人件費の差)。

・資本家は安い労働力を求めて様々な国から国へと生産拠点を移してきた。

・人件費の安さに目をつけられて生産拠点となった国は、経済発展をし、先進国との差が縮まる。

 

 ここで注目したいのが、利潤追求は「差」を利用したものであること、そしてその「差」はいつか解消されるものであるということだ。

 

 資本主義の原動力である利潤追求は「差」を埋める際のマージンを得ることであるが、利潤追求が極限まですすむと「差」はなくなることになる。

 

 資本主義は自分のしっぽを加えている、ウロボロスのヘビのようではないか?

 最終的に大きな矛盾が発生するのではないか?

 資本家VS労働者という階級闘争とは違うが、その矛盾は何かをもたらすのではないか?

 

 

 資本主義が引き裂かれるとしたら、私自身無事には済まないだろうから、その矛盾の先はあまり考えたくはない。

 

 偉い人が私の代わりにこの考えを補強してくれたり、むしろボコボコに論破してくれるのであれば、幸いである。(不勉強、他力本願)